髪 痛み 治す

市販品では本当の意味で髪の痛みは治せない

髪の痛みを治す為に、為いろんなヘアケア商品を試してる女性は多いと思います
しかし市販品を、ローテーションで使ってもダメージヘアは治らないどころか
ますます悪化してしまいます。

 

なぜなら、硫酸系洗浄剤やシリコンで髪質がどんどん悪くなるからです!
トリートメントを変えたり髪の毛の痛みと毎日格闘してる女性は多いと思います
髪の痛みに必要は、ヘアケアなどではありません

 

髪の毛を健康にして、綺麗さを保ちたかったら
根本の頭皮を健康にしないとはじまりません・・

 

 

⇒40代の女性でも、頭皮を健康にすれば20代の髪になるんです

 

シャンプー・コンディショナー(リンス)・トリートメント
スタイリング剤・流さないトリートメントなど
どれが自分に合うのかいろいろ試してませんか?

 

そういう試行錯誤をする精神は大事なのですが
ダメージヘアがさっぱり改善できないのなら
選び方に問題があります。

 

一番最低なパターンはお近くのスーパーとか
ドラッグストアーを巡って商品を物色すること。

 

え、それふつうなんじゃないの?と思った方は要注意です・・・!

 

なんでかっていうと市販品はどれも質が悪いため
ヘアケアにならないんですよ・・・

 

髪のケアどころか髪質が悪化する恐れもあります。

 

例えば一番ラインアップが充実してるのはシャンプーは
洗浄成分が健康に悪すぎるんです。

 

洗浄成分は石油を原料にしたラウレス硫酸ナトリウムや
スルホン酸ナトリウムなどの合成界面活性剤が使われてます。

 

それは水と油を混ぜ合わせる性質があるので
皮脂を洗い流すことができるのですが
タンパク質を分解する作用もあるので
髪の毛を痛めることになっちゃうんです。

 

さらにいうと洗浄力が強すぎるため
皮脂分泌が逆に多くなって頭皮がべたつきます。

 

あとコンディショナーやトリートメントも要注意。

 

市販品はコストを下げて大量に売ることを
考えたものですのでシリコンに頼ってることも多いです。

 

髪の毛をコーティングして滑らかな髪に♪と謳われていますが
それは、シリコンを毛髪表面に塗っているからです。

 

シリコンは、ずっと髪に張り付いてるわけじゃないのですぐ剥がれます
その際、キューティクルも一緒に剥がしてしまうのでダメージヘアは
いつもの通り改善しませんし悪化ばかりを繰り返しているのです

 

こんな感じでヘアケア商品を市販品から選ぶ事を繰り返すと
まずます、大切な自分の髪を痛めてしまうだけなんです

 

たまにネット限定だったものが、一部店頭で売り出すこともありますが
基本的に市販品は質の悪いものが大半である、という意識をもってください
若い内から頭皮ケアをしておかないと、あとが大変ですから・・

 

安いものは安く出来るそれなりの理由があるものです。
コマーシャルではすごく良さそうに見えますが
経験としてくれぐれもご注意ください